ニュース

開山700年記念事業 講演会の開催

一蓮寺は本年7月、時宗と包括関係を結び、“時宗の一寺”として歩み始めました。
このことを踏まえ開山700年記念事業の最後を、「時宗」から講師をお招きし、下記講演会で締めくくることに致しました。

時宗二祖眞教上人と一條源八時信の出会いは、一蓮寺創建はもとより、後の甲斐の歴史に大きな影響を与えたと思います。
このような意味で本講演会は一宗一派に偏ったものでなく、甲斐の歴史の一面を知る良い機会にもなるであろうと考え、多くの方々にも広くご案内させて戴く事になりました。是非ともお出かけ下さいますよう、此処にご案内申し上げます。

尚、上記案内にも記しておきましたが、今後のコロナウイルス感染状況によっては、開催に支障が出る場合も考えられます。当山のホームページをご覧戴くか、お問い合わせ下さい。

 

※ 講師紹介
長澤昌幸(ながさわ まさゆき)

昭和50年(1975)、山形県川西町の時宗寺院で誕生。
大正大学入学後から10年間、他宗派及び時宗総本山修行。
大正大学大学院博士課程修了。専門分野は時宗学。

時宗総本山職員、京都西山短期大学専任講師、時宗宗学林学頭などを経て、現在は、大正大学仏教学部専任講師、時宗総本山庶務執事、時宗教学研究所所員、
滋賀県大津市長安寺住職。

著書
『一遍読み解き事典』(共著 柏書房 2014)
『一遍仏教と時宗教団』(単著 法藏館 2017)『時宗年表』(共著 平凡社 2019)『構築された仏教思想 一遍』(単著 佼成出版社 2020)などがある。